屋敷ご案内

趣向を凝らした意匠

 伝統的な工法に満足することなく、当家主人独特の趣向を凝らした意匠には驚かされます。 平成の解体修理で、手直しを繰り返した痕跡が発見され、当家主人は建築中の屋敷に度々訪れ、造作の変更を指示したものと推定されます。


大広間

  

 逗留中の大名の部屋です。他の武士との謁見、食事、就寝すべてここで執り行われました。
 格式ばった書院造(僧侶の書斎をモチーフにした武家屋敷風のデザイン)ですが、花模様の京焼の釘隠し(釘の頭を隠すための装飾)、捻梅(ねじうめ)透かし彫りの桑材の欄間、小川を象った障子の桟など、随所に数奇屋造(すきやづくり)(茶室風のデザイン)の柔らかい意匠を取り入れ、泊まる者の眼を癒します。
 天井は、柾目の向きを縦横にして市松模様を表した桐材の格天井(ごうてんじょう)(格子状の天井)です。天井の照明は、大正4年(1915年)に京都御所で執り行われた大正天皇御大典で、国の貴賓が宿泊した際に取り付けられたものです。
 付書院(つけしょいん)(写真左の造り付けの文机)の明り障子から差し込む光は、床の間の掛け軸を照らした後、床脇の(チン)くぐり(チンは犬種名でチンがくぐれる程度の高さの開口部)を通って、違い棚下方のイタヤカエデの床板を程よく照らします。
 また、続く襖絵には狆が描かれ、なぞかけした絵と思われます。
 違い棚は床板と同じイタヤカエデを使用し、上の棚を支える海老束(えびづか)には黒檀を使用、黒檀には丹念に几帳面(面取りのこと)が施されています。
 床脇の天袋(上部の戸棚)には、狩野安信(かのうやすのぶ)の墨絵が描かれ、引手の丸に一文字を添え当家の略紋を象っています。
 地袋(下部の戸棚)は床の間の左側に設けられ、松尾芭蕉の門人で、後、漆芸師に転身した小川破笠(おがわはりつ)蒔絵(まきえ)(漆で絵を描き、それが乾かないうちに金粉等の顔料を蒔いて定着させる絵)で、陶器、螺鈿(らでん)(貝殻を薄く切ったもの)、ギヤマン(当時輸入されたガラス)の象嵌(ぞうがん)(はめ込むこと)細工が見られます。(現在は京都国立博物館に寄託)
 広間を取り囲む障子襖には、松の名所を端唄(はうた)(三味線を伴奏とした短い唄)にした松づくし(♪唄い囃せや大黒 一本目には池の松 二本目には・・・♪)に合わせて、円山派の長沢盧鳳(ながさわろふう)の松の絵が描かれています。
 また、就寝時の防衛を考え、襖には鍵が掛かるようになっていますが、鍵の差し込み栓にはヒゲクジラの上あごの板ひげが使用されたものがあります。 
 欄間の透かし彫りは、行灯だけで天井照明がなかった時代の装飾で、下方からの明かりが天井に梅の花模様をゆらゆらと映し出し、泊まる者の眼を癒します。

 
松づくしの障子襖                          捻梅透かし彫りの欄間 


狆の絵の襖                              蒔絵(蘭亭鵞池の王羲之)


お能の間


 二間四方(8畳の広さ)の檜材の敷き舞台(家屋の中に設けられた能舞台)ですが、床下は中央を深く掘り下げて漆喰(しっくい)(消石灰に糊やスサを加えて水で練った壁土)で塗り固め、そこへ向けて四つの(かめ)を設置しており、音響的な作りは能舞台の伝統的な工法に則っています。
 通常は家臣の控の間として使用されていたので、正面の襖は障子と板戸が半々の段襖(だんぶすま)にして光を採り入れ、能舞台として使用するとき、板戸を落として障子を塞ぎ、囃子方(はやしかた)(能の楽器演奏者)の奏でる音が反響するよう工夫されています。
 また、釣り床の床柱の内部をくり抜いて、ここでも音が響くよう工夫されています。
 舞台に続く廊下には、その腰絵に三本の若松を描いて、橋掛り(能の演者が現れる通路)に見立てています。
 廊下の突き当りの壁には、能装束を改めるための銅鏡が掛かっていました。


段襖 左は通常の状態、右は舞台の使用時


春日の間

  小川家の故郷、奈良を偲んで作られた部屋です。
 床張りには雲中に浮かぶ三笠山(奈良市の春日大社後方の山)が描かれ、天袋には東大寺、春日大社の周辺が描かれています。面する庭には春日大明神を祀る祠があります。
 床の間に、ひょうたん形の下地窓(壁土を塗る下地をそのまま意匠とした窓)をあしらい、欄間には蝙蝠(こうもり)を描いていますが、中国語で、「蝙蝠」と「変福」は同じ発音をすることから、福を呼ぶ縁起の良いものとされているからです。
 また、続く襖絵には蝙蝠扇子(かわほりせんす)が描かれ、なぞかけした意匠と思われます。
 雨戸は、京町家独特の廻り戸袋に収められ、縁側の端まで寄せた後、90度回転して敷居と直角に収まります。これは、戸袋の陰になって床の間が暗くなるのを避けるためです。
 当室は、隣室「皆如庵」茶室の待合となっており、面する庭には(つくばい)が置かれ、石橋を渡ってにじり口へと向かう、草庵風茶室の伝統的な工法に則っています。
 屋敷の敷地には、どこから火災が発生しても防御できるよう、12の井戸が散在して設けられていますが、この部屋の庭の井戸だけは長方形に切られています。これは、当時最も防水性の優れていた唐櫃(からびつ)の形に合わせたためで、重要な証文類は櫃に入れて井戸の中に沈め、火災から守りました。


湯屋


左は浴室、右は湯屋外部で当時は焚き釜がありました。

 木製ではなく、三和土(たたき)(砂利・消石灰・にがりの3種類の材料を混合した土)の枠組みに陶板で化粧を施した非常に珍しい浴槽です。解体修理中、嘉永年代の陶板と判明し、現存する陶板浴槽の中で日本最古のものです。
 腰壁は斜め格子、朱色のなまこ壁(目地に漆喰を盛り上げた形の壁、その形が「海鼠」に似るところから)で、格子の中に勝ち虫の「とんぼ」が一匹描かれ、公事訴訟のため逗留する者の勝訴を祈願した意匠と思われます。
 浴室の洗い場は亀甲模様で、浴槽からあふれ出た湯は排水升を通し外部へと流れ出るようになっています。
 風呂の語源は「(むろ)」で、蒸気風呂のことですが、湯屋は給湯式で、外で焚いた湯を壁に開いた穴から箱樋で流し込みます。浴槽に接して炭釜を入れる保温槽があり、浴槽と保温槽の間の陶板には孔が多数開けられており、程よく循環します。
 また、仕切り板も設けられており、仕切り板で孔を塞いで保温槽に回る湯量を変えることにより、温度調節する仕組みになっています。
 浴室の井戸は湯温調節のためだけでなく、浴室の三方に出入戸を設けることにより、他の部屋からも井戸が使いやすいように工夫するとともに、入浴中でも万が一の奇襲に備え、二方向避難を確保しています。二方向避難を確保する造作は、他の部屋においても散見されます。 


雪隠(せっちん)

 湯屋に隣接する雪隠(便所のこと)は、解体修理中、便壺と仕切り跡が発見され、その年代の一般的な雪隠に復元しています。
 大便用の雪隠には衣掛(きぬか)けが設けてあり、裾の長い着物はまくり上げ横棒に掛けて用をたしました。現代の和式トイレとは逆向きに使いました。

皆如庵(かいにょあん)


 草庵風茶室(土壁で囲われた茶室)で、一畳台目(いちじょうだいめ)(一畳と炉を切った台目畳からなる)の対面式であり、にじり口を通常よりも高くして、頭を下げて入ることのないよう配慮した貴人口となっています。
 また、角のない丸い炉を設け「角が立たないよう、丸くおさめるよう」暗示していることから、米・両替商の顧客武士らを招いた商談用の茶室です。
 隣室との間の櫛形欄間は、欄間から隣室の天井をのぞかせ空間の広がりを演出するものですが、通常は鴨居に接して作ります。この部屋では逆に天井に接して作っています。一畳台目の狭い茶室でも煙がこもらないよう、あえて逆にしています。
 さらに、隣室の竿縁天井は、刃重ね(天井板端部の差し込み部分)を上下交互に重ねることにより、天井の壁際に自然な隙間を作り、櫛形欄間から流れ出てくる煙が、隣室にこもることなく天井裏に抜けるように工夫しています。

赤壁の間


時代変遷に伴い塗り重ねられた壁土

  屋敷2階にあり、大名一行の逗留中、家臣の控えの間として使用された部屋です。
 紅殻(べんがら)を含む壁土で一面朱色に塗られており、部屋の名となっています。
 床の間は、座敷畳が敷き通しの釣り床で、床柱はアカマツの無垢面皮柱、珍しい三角形の天袋が見られます。
 漢詩の描かれた襖を開けると、その奥は武者隠で、真下の大広間の見張り部屋です。
 隣室との間の襖には、江戸から長崎までの宿場町が描かれています。
 現在の赤壁は嘉永年代の復元で、解体修理中、時代変遷に伴い塗り重ねられた壁土が発見され、その一部を公開用に残しています。

苫舟の間(とまぶねのま)

 当時、屋敷のすぐ傍にきれいな小川が流れており、その上に棟から突き出すように作られた茶室です。
 入り口には故意に段差をつけ、桟橋から舟に乗り移る気分を醸し出し、天井は屋形舟そっくりにして、水上にいるかのような雰囲気でお茶を楽しめるようにしています。
 茶の湯は、眼下の井戸から滑車で汲み上げました。


奇襲に備えた防衛建築

 当屋敷の最大の見どころは、巧妙な防衛建築にあります。ここで防衛建築と言うのは、攻撃する仕掛けは一切なく、逃げ隠れを目的としたものだからです。
 公事宿の顧客武士は裁判のため上洛していますので、身の危険を感じる者もいて、奇襲に備えた用心深い作りになっています。


武者隠(むしゃかくし)


武者隠 左は来訪者から見た時、右は武者隠からの監視口

 大広間の天井裏に隠された見張り部屋で、逗留中の大名に来訪者がある場合、謁見の様子を警護の者が天井裏から見張っていました。
武者隠からの監視口は、来訪者からは天窓に見せかけた格天井の一角にあり、不審に思われることなく見張りができるように工夫されています。
 来訪者が不穏な動きに出たときは、監視口から素早く降りて警護にあたりました。それまで、天窓と思い込んでいた来訪者は、さぞ驚いたことと思います。


武者隠内部 奥に見えるのが監視口


吊り階段


左は茶壺棚に見せかけた状態、右は吊り階段を降ろした状態

 屋敷は、一度奥に入ってしまうと、来訪者には2階への階段がすぐにわからないように作られています。
 この階段は「皆如庵」茶室の水屋(茶道具を洗い、保管する戸棚)付近にあって、通常は吊り上げておくことで茶壷棚に見せかけていますが、降ろすと2階へと通じ、大名を避難させた後、警護の者が素早く元に戻しました。


2階から見た吊り階段 階下からは想像できないほど空間が広がる 


隠し階段

 この階段は、上り口が来訪者にわからないように1階仏間の奥に隠されています。
 また、2階からの下り口には引戸が付いており、引戸は裏側からかんぬきが掛かるようになっています。
 吊り階段が見つかり追手が2階へ来た場合、この階段で1階へ戻りますが、戻る時に裏側からかんぬきを掛ければ、追手は2階からは開けることができなくなり、元来た道を引き返すことになります。


騙戸(だましど)

 隠し階段で1階へ戻る途中の部屋に設けられており、追手が襖を開けると壁のような板戸が行く手を遮ります。
 脇の小さな襖から、奥の隠し階段へと通じる廊下に出られます。追手をひるませ、避難の際に時間稼ぎしたものと思われます。


猿梯子(さるばしご)


猿梯子 左は階下から見た時、右は中2階床下に設けられた降り口

 吊り階段も、隠し階段も普段は隠してありますので、2階で控える警護の者は大勢が階下へ降りられません。そこで応援が必要となれば、ここから階下へと降りました。鴨居に足をかけて、猿のように降りてくることから、その名があります。壁に丸みが施されているのは、足場とするためです。
 2階から扉を閉めると、下から見ても降り口とは気づきません。

中2階の茶室

  中2階は一見茶室に見えますが、床下に上記の猿梯子への降り口を作り、奥の襖を開けると屋根上へと抜ける非常階段が隠されています。
 通常は家臣の控えの間として使用されており、非常階段の途中に覗き窓が設けられているので、大名一行の帰路が見渡せ、すぐさま出迎えに降りました。
 また、古文書の残すところによれば、非常階段から屋根上に出ると月見台が設けられていたとあります。


防火建築

 当屋敷の創建は江戸時代寛文年間(1661〜1673年)といわれますが、天明8年(1788年)の大火で全焼し、現存の屋敷は嘉永年間(1848〜1854年)の再建です。
 屋敷は、これを教訓とした精緻な防火建築を備えます。


軒先には防火幕

 屋敷の外壁は城郭と同様の防火性に優れた漆喰塗りで、木部は極力、露出しないよう丹念に塗り込められていますが、庭に面した軒先は漆喰塗り込めでは風情が損なわれます。
 そこで、この部分の軒先には、垂木の先端に釣り針状の金具を取付け、近隣火災の発生時には、これに濡れたむしろを吊るして防火幕とすることにより、障子等の燃えやすい建具に飛び火が付着しないようにしました。
 軒先の樋は、この時代にはまだありません。現代の樋にあたるものは、写真に見られる軒先に葺かれた分厚い銅板であり、雨だれによる木部の腐食を防ぎました。

窓には防火戸


虫籠窓 左は通常の状態、右は火災防御時

  京町家に多く見られる虫籠窓(むしこまど)は、その形状が虫かご、あるいは麹屋で使う蒸子に似ていることからその名があります。
 虫籠窓は防火性の高い意匠のひとつですが、内側にはさらに防火戸を設け開口部を完全に封じて、飛び火の侵入を防ぎました。


backtopnext